2015年04月03日

桜の短歌

満開の桜の下に
一抹の不安植え付け
安吾にやりと

在りし日と
混然となる現在地
桜並木の咽せ返る中

すれ違う長い黒髪に囚われて
振り返れども
ただ葉桜

これぞまさに
後の祭りと言うのだろう
花弁積もるブルーシートや

ただ一人
頭を垂れるは境内の古い桜の
満開の枝






posted by 淺越岳人 at 00:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 啄木ごっこ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。